×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レアメタルリサイクルとは

レアメタルという希少金属の重要性

レアメタルは製品技術には必要不可欠

  

レアメタルは家庭用品から産業機械・ハイテク分野に至るまで

レアメタルという名前にひきつけられてしまいました。レアメタル(希少金属)とは、地球上にもともとの存在量が少ない金属や、量 は多くても経済的・技術的に純粋なものを取り出すのが難しい金属を総称する名前が、レアメタル最初にこの名前を聞いた時はドラクエのメタルスライムかと思ってしまいました。レアメタルは家庭用品から産業機械・ハイテク分野に至るまで幅広く用いられレアメタルは他の元素と合金を作って、これまでにない性能や機能を持つようにできることに特徴があります。レアメタルはこのような特性を利用して、家庭用品から産業機械・ハイテク分野に至るまで幅広く用いられており、日本の産業にとって欠くことのできない重要な原材料の一つ何です。
レアメタルから何がつくらられるのか興味がでて調べてみました。
ヘッドフォン コンパクトディスク 半導体.液晶テレビの透明電極 カメラレンズの研磨 ビデオテープ等結構なじみのある製品につかわれていますね
レアメタル備蓄制度というのがあって1983年度からスタートして2度にわたる石油危機の経験から、資源セキュリテイーの確保、経済安全保障の確立から石油備蓄と同じように金属の備蓄制度が必要だということで創設されています。

レアメタルは家庭用品にとっても重要

レアメタルが使われている液晶テレビの透明電極、カラーテレビには欠かせません。カメラレンズの研磨レアアースが使われているほか、オートフォーカスにレアメタルを使った強力な磁石が使われています。ビデオテープにもレアメタルが使われています。
パソコン 自動車 レアメタルを使った電池によって、長時間の使用が可能になりました。自動車 排気ガスを取り除くためにレアメタルが使われているほか、数多くのレアメタルが使われています。なんくてはならない凄い役目をしてるレアメタルですが、家庭用品から産業機械・ハイテク分野に至るまで幅広く用いられているレアメタルですが日本では7種類のレアメタルについて備蓄をしていますが、ただレアメタルは、その供給のほとんどを海外に依存し、かつ供給リスクが大きい金属ですレアメタルはクロム、マンガン、ニッケルのように鉱石として採掘されるものは少数派で、ほとんどが他の金属鉱石中に微量が構成金属を置換して存在しています。
レアメタルの産出地は、中華人民共和国・アフリカ諸国・ロシア・南北アメリカ諸国


レアメタルのリサイクルの必要性

レアメタルやレア・アースやタングステンは中国が90%以上の埋蔵量、バナジウムは南アフリカ、中国、ロシアの三カ国で98%を占めます日本でも黒鉱ベルトと呼ばれる、鉛、亜鉛、バリウム、アンチモン、ビスマスを豊富に含む鉱床が存在するが、硫化鉱と諸金属からの分離がコスト的に引き合わなかったため採掘は行なわれていません。21世紀から始まったレアメタルの価格高騰が続けば、今後の開発も実現されるかも。レアメタルの回収やリサイクル方法が研究され、資源再生や安全面、コスト面などからも研究されていて、実際に再生利用されています。日本はレアメタルの資源がなく、その全てを輸入に頼っているのですから、レアメタルが今後何らかの理由で輸入されなくなったら、それこそ大変な事態になり、テレビや携帯電話などの日本の最先端技術が埋もれてしまい、生産が出来なくなってしまいます。レアメタルのリサイクルの必要性は、非常に重要な緊急な問題です。レアメタルは性能を高めたり、小型・軽量化を実現・再現できるなど、現在の日本の製品技術には必要不可欠なものなのに一般にしられていないのですがレアメタル価格高騰等深刻な課題なんです。

ビルケンシュトック |レスポートサック|ジャングルブーツ| 架空世界セカンドライフ| レアメタル不思議な金属| にきび痕ケミカル| メンズエステ| メタボ回避| 宮崎大輔ハンドボール|
レアメタルという不思議な金属
Yahoo!JAPAN|
Copyright (C) 2007 レアメタルという不思議な金属All Rights Reserved.